太陽光発電の導入することによって電気代を安くしよう!

ソーラーパネルをメンテナンスする業者

太陽光発電システムを家庭に導入したとすれば、自家発電出来るというわけですので、電気代が節約出来るという事がメリットで、更に、消費しきれなかった電力を余剰電力として売電出来る事です。

導入にかかった費用を回収するためにどれくらいの売電収入がサポート出来るのか、一般的な4人家族を例に挙げて考えていきたいと思います。

4人家族で、このシステムで発電させた場合、計算すると7割、電力がまかなえると一般的に言われているので、

例)毎月平均:1万2000円/年間平均:14万4000円

これくらいの電気料金がかかっている家庭でしたら、1年間でどれくらい節約出来るかというと、約10万円と計算で出ます。

そしてこの4人家族で共働きなどで、発電量が一番多い日中に不在であれば、更に理想的になります。なぜかというと、昼間の電力を余剰電力とし、電力単価も1kwあたり42円と、購入単価の約2倍高くして電力会社に売電する事が出来るからなのです。

国や地方自治体で設けられ、一度は打ち切りにしたものの、また復活をし、補助金制度も費用回収に関わってくる重要なカギとなるでしょう。

この制度に合う条件で活用出来れば、導入費用回収の早期を試みている人にはとても助けになるでしょう。国からと地方自治体併用出来る場合もあるこの補助金制度、国からですと、1kwあたり4万8000円で、地方自治体は、地方によって異なる価格設定になっています。

更に、この補助金制度は、国、都道府県、市区町村からと、3つから授与出来る場合もあるそうです。太陽光発電システムの導入する場合には、是非、設置にかかった費用を出来るだけ早く回収する方法を選んでいきたいものだと思うでの、売電をなるべく多くするには、補助金をお得に受けられるにはと、色々なリサーチが役立つと思います。