太陽光発電のメリットを生み出すために

家の屋根に設置されたソーラーパネル

太陽光発電システムを導入したと想定し、それであれば、自家発電をたくさん、電力を効率よく使いたいと思うのが、消費者の意見だと思います。

では、効率よく使う方法を考えたいと思います。まずは、太陽光発電システムと温度の関係について書いていきます。特徴として、太陽電池の温度が低いと発電効率は上がるのです。

という事は温度が高いと、発電効率は下がってしまいます。基準の温度を25度設定されてあって、データによると、10度温度が上がってしまえば、4%、50度温度が上がってしまえば、10%発電効率が下がってしまいます。

ですので、この太陽電池にとっては、温度が上がり過ぎない2月~春先の季節が一番効率よく発電出来るので、夏は発電量は下がってしまうのです。

良い発電効率を年間通して保てるように、高い温度にも耐えられるような温度変化に強い太陽光モジュールも最近では開発されているところです。

この太陽光発電システムと温度の深い関係を知り、覚えておくことによって、導入した際には、発電効率が高いシーズンには節電に励みつつ売電を増やせるよう努力し、発電効率が低いシーズンは、無理し過ぎない節電をするなど、年間での発電量と生活の計画を立てやすいのはないかと思われます。

更に太陽光発電システムは、季節でも発電量は変わりますが、日によっても勿論変わってくるので、うまく調節しつつ、節電、売電を上手に効率よく使えるという事です。