太陽光発電はこれから10年利用することはできますか?

雪が積もってしまっているソーラーパネル

太陽光発電システム設置した場合の導入費用回収について、具体的な目処はどのようなのか知りたいのが消費者の心の声だと思います。

なので、3.5wkのシステムを新築住宅へ185万円で設置して、現行買取価格を42円として、10年後の収支がどうなっているのかを計算してみたいと思います。

この場合でいくと、価格は全て概算ですが、43万円減税措置として国からの補助金を受けられるので、コストダウンが可能で、更に地方自治体からの補助金20万円受けられ、光エネルギーを使っているので、グリーン電力証書を取得出来、電気料金10年間の節約出来た金額が35万円となり、更に余剰電力を電力会社へ売電するとして、売却益は10年間で50万円となるのです。

ここまでで、コスト回収を減産した場合でもまだ負担残高37万円です。一般的には太陽光発電システムは10年以上は利用可能だといわれており、10年以降も電気代の節約、売電収入が見込める為、十数年経てば新築住宅での導入費用回収は可能と想定出来ます。

では、リフォームについてですが、設置費用を例えば、225万円だったとします。ほぼ新築の場合と同じ条件で計算出来ますが、住宅ローンの減税を受ける事が出来ません。

その代わりにリフォームの場合は減税措置として小エネ改修とみなされ、23万円、補助金も合わせると47万円見込む事ができます。

リフォームの場合は、初期費用が高くなってしまい、10年後の負担残高も約73万円という計算になります。設置条件によって、発電量、そして売電収入が異なってきますので、経済産業省では10年以後も、どれだけ売電出来たか、どれだけ節電出来たかで回収費用が異なりますが、最長でも約15年くらいではないかと言われています。